婚約の効果には賠償を負うものがある

法的なルールではないのに、損害賠償の責任を負うという事はどういう事なのか、これは、判例、通説によって解するものです。婚約をしていた両者、当事者同士が婚約を破棄するという事をお互いに合意した場合、その婚約は消滅します。また婚約している者同士の一方が婚約破棄したいという事でも、消滅します。

しかし、一方的な意思によって婚約を破棄するという場合、もしも婚約を破棄したい側に正当な事由があるという事なら、相手方当事者は責任を追及できません。しかし、正当な理由が全くない状態で、婚約を破棄するという場合、婚約に至る理由を作った人は相手の方に損害賠償すべき義務があるのです。

例えば男性が婚約後、他の女性と浮気をしていたことが分かった、それを知った婚約者となる女性が、確固たる証拠をもって婚約を破棄したいという場合、正当な理由によって証拠もある状態で婚約を破棄したいと申し出ているので、婚約は消滅します。婚約消滅の理由を作った男性は、女性に対し、精神的、また財産的な損害賠償を負う事になります。

結婚の準備が整っていれば、結婚式場のキャンセル料や衣装代、その他もろもろかかった費用、さらに女性の精神的損害に対して、賠償する責務があるのです。

参照HP⇒浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所

婚約の効果をよく理解することが重要

婚約の成立要件は、当事者間にまず婚姻の目的があるかどうかという事、さらに婚約は「府様式の諾成契約(当事者双方の合意のみで成立する契約)です。婚約に際し、婚約指輪の交換、結納の授受などに関して婚約成立を証明することになりますが、成立要件とは違うと解釈されます。

婚約というものが何かという意味を知っていている場合、婚約を交わす人がもしも未成年という事であっても、意思能力が確かという事なら親が同意することなく婚約を交わすことができます。

成立要件が理解出来たら、婚約の効果も理解しておくべきです。婚約の成立要件が整い、実際に婚約したという事になると、婚約の効果が出てきます。婚約が成立した両者は誠実に交際する事、また婚約をしっかりと成立させるために豪語の義務を負う事になります。

婚姻の意思が無くなった場合、婚約に基づき婚約の履行を強制できない、また「正当な事由がなくても」婚約破棄ができます。但し!ここからが重要ポイントです。正当な理由なく婚約破棄したいという場合、婚約賠償責任を負う事になります。財産的損害について、また精神的損害について責任を負うという事です。

法的なルールではない、でも、不履行となった場合、損害賠償を負う責任を持っているという事が、婚約の効果の大きな点です。

婚約は契約、約束です

婚約するという事は、将来、結婚する、婚姻を交わす事を目的とする男女間の約束、契約となるものです。このことについて、民法上では規定、ルールがないのですが、裁判になった場合、判例によると、婚約は適法であるとされています。

つまり、婚約という事態は、法的なルールを持たないのですが、婚約という約束を交わした場合で、もしも裁判などになった時には、適法有効性がある、賠償責任などを負う事があるという事です。

安易に婚約して結婚したくなくなったからといって結婚を辞めるという事は、婚約不履行となってしまいます。相手方が黙っていなければ精神的な負担があったということで賠償請求される可能性も出てきます。

実際に婚約が成立するかどうかという成立要件も理解しておくことが必要です。好きな人がいるからプロポーズした、でもその後、別に好きな人が出来たからそっちの人にまたプロポーズしたなんてことを行っていれば、結婚詐欺にあたるといわれてしまう事もあります。

法的なルールがなくても、婚約には適法有効性があるという事をよく理解しておくことが必要なのです。今すごく好きな人でも、結婚するとなった時、本当に結婚生活を送る事が出来るのかどうかをしっかり考える事が重要です。

婚約は安易に行うものじゃない

気軽に指輪をプレゼントする若い男性もいますが、女性にとって指輪というのは特殊なもので、軽々しいものではありません。婚約という事に利用しないとしても、相手が指輪をもらったという事は結婚するという事?なんて勘違いしてしまう事もあるので、人によっては彼、彼女の状態でも、指輪は本当に結婚する時まで、たとえファッションリングでも贈るものとして選ぶべきではないという人もいます。

婚約指輪をあげた、ということで婚約という事にならないという人もいますが、婚約指輪をあげたという事は、イコール婚約と同じ意味を持ちます。もちろん、婚約というのは法的な規定などがなく、民法でも全く既定のないものなので、問題視しない方もいます。しかしもしも相手が婚約指輪を貰ったことで、後に結婚しないとなった時、賠償請求してくることもあります。

そのため、婚約指輪などを軽い気持ちで相手に贈るのは非常に苦しい状態を作る可能性があるのです。婚約という事はどういう事なのか、その効果にはどのような事があるのか、これから結婚という事を考えている方は、よく理解しておくことが必要なのです。

離婚率が高くなっているという日本において、本当に自分がこの人と思う人と結婚する事が求められています。婚約する前に、相手の事をよく理解し、本当に一緒になるべき人なのかどうかをきちんと冷静に考えてほしいです。

当サイトは、婚約という事の意味、成立要件、また賠償などについてみなさんに知っていただくサイトです。当サイトが皆様のお役にたてるサイトになれば幸いです。