婚約は契約、約束です

婚約するという事は、将来、結婚する、婚姻を交わす事を目的とする男女間の約束、契約となるものです。このことについて、民法上では規定、ルールがないのですが、裁判になった場合、判例によると、婚約は適法であるとされています。

つまり、婚約という事態は、法的なルールを持たないのですが、婚約という約束を交わした場合で、もしも裁判などになった時には、適法有効性がある、賠償責任などを負う事があるという事です。

安易に婚約して結婚したくなくなったからといって結婚を辞めるという事は、婚約不履行となってしまいます。相手方が黙っていなければ精神的な負担があったということで賠償請求される可能性も出てきます。

実際に婚約が成立するかどうかという成立要件も理解しておくことが必要です。好きな人がいるからプロポーズした、でもその後、別に好きな人が出来たからそっちの人にまたプロポーズしたなんてことを行っていれば、結婚詐欺にあたるといわれてしまう事もあります。

法的なルールがなくても、婚約には適法有効性があるという事をよく理解しておくことが必要なのです。今すごく好きな人でも、結婚するとなった時、本当に結婚生活を送る事が出来るのかどうかをしっかり考える事が重要です。