婚約の効果をよく理解することが重要

婚約の成立要件は、当事者間にまず婚姻の目的があるかどうかという事、さらに婚約は「府様式の諾成契約(当事者双方の合意のみで成立する契約)です。婚約に際し、婚約指輪の交換、結納の授受などに関して婚約成立を証明することになりますが、成立要件とは違うと解釈されます。

婚約というものが何かという意味を知っていている場合、婚約を交わす人がもしも未成年という事であっても、意思能力が確かという事なら親が同意することなく婚約を交わすことができます。

成立要件が理解出来たら、婚約の効果も理解しておくべきです。婚約の成立要件が整い、実際に婚約したという事になると、婚約の効果が出てきます。婚約が成立した両者は誠実に交際する事、また婚約をしっかりと成立させるために豪語の義務を負う事になります。

婚姻の意思が無くなった場合、婚約に基づき婚約の履行を強制できない、また「正当な事由がなくても」婚約破棄ができます。但し!ここからが重要ポイントです。正当な理由なく婚約破棄したいという場合、婚約賠償責任を負う事になります。財産的損害について、また精神的損害について責任を負うという事です。

法的なルールではない、でも、不履行となった場合、損害賠償を負う責任を持っているという事が、婚約の効果の大きな点です。