婚約の効果には賠償を負うものがある

法的なルールではないのに、損害賠償の責任を負うという事はどういう事なのか、これは、判例、通説によって解するものです。婚約をしていた両者、当事者同士が婚約を破棄するという事をお互いに合意した場合、その婚約は消滅します。また婚約している者同士の一方が婚約破棄したいという事でも、消滅します。

しかし、一方的な意思によって婚約を破棄するという場合、もしも婚約を破棄したい側に正当な事由があるという事なら、相手方当事者は責任を追及できません。しかし、正当な理由が全くない状態で、婚約を破棄するという場合、婚約に至る理由を作った人は相手の方に損害賠償すべき義務があるのです。

例えば男性が婚約後、他の女性と浮気をしていたことが分かった、それを知った婚約者となる女性が、確固たる証拠をもって婚約を破棄したいという場合、正当な理由によって証拠もある状態で婚約を破棄したいと申し出ているので、婚約は消滅します。婚約消滅の理由を作った男性は、女性に対し、精神的、また財産的な損害賠償を負う事になります。

結婚の準備が整っていれば、結婚式場のキャンセル料や衣装代、その他もろもろかかった費用、さらに女性の精神的損害に対して、賠償する責務があるのです。

参照HP⇒浮気・不倫の慰謝料問題なら弁護士法人アディーレ法律事務所